50歳で初めてのパスポート

ボクは今までかなりの臆病者で、海外へ旅行へ行こう~ なんて思ったことが

なかったから、当然パスポートもなかったんだけどこの度、なんと、生まれて

初めてパスポートの申請に行ってきました~!☮

新宿のパスポートセンターに行ったんですが、なんせ都庁周辺も初めてうろつく

ので、ドキドキしながらいったのですが都庁前の広場につくとパスポート

センターはこちらの看板がわかりやすく出ていてすんなり地下1Fに

降りられて、目的地のパスポートセンターになんなくたどり着けました。

受付に行くと申請書と必要書類の確認のあと、5分ほど待たされて名前を呼ばれ

、いよいよ申請書類の不備がないか確認です。

申請書を確認している60代前半て感じのおば様が席に着くなりボクの顔と書類を

しつこいぐらい交互に見比べて、パスポートの取得、前にもしてる

でしょうって3回くらい聞くんですよ~

たぶんボクが50歳を過ぎてはじめてっていうのと顔がうさん臭いせいかも

しれませんけどね。申請書類も受理されていよいよ今週の金曜日にパスポート

を受け取れるということでした。

とちあえずいままでの自分から1歩でも前進するために、思い立ったらいつでも

行動できるように、、

今後の人生を楽しむための準備。

晴れの予報が、、、あれあれ?、、、

せっかくの日曜日。

森のなかで体を動かして遊びたい~ なんて突然朝に思い立って予約を入れて、神奈川県へGOー!

ツリークロスアドベンチャーという、樹上5~15mのところにアスレチックが作られていて、そこをハーネスを付けながら

渡っていくスリルいっぱいのあそびを楽しもうと目的地に到着!

ところが予約の時間が近づいたときザアアー

雨が強くなり中止に、、、

なんてタイミングで雨ふってくれちゃってんの~??

今週は全部晴れるんじゃなかった?

泣く泣く何もせず帰ってきて、途中のステーキ&ハンバーグレストランで家族みんなでやけ食いしてやりました!

たいていそういう時って、食べ過ぎて反省、、ってこと多いんだけど

今回もお腹パンパンになるまで食べてしまいました~反省、、、

まあこんな日もたまにはいいか~。

いつまでも眺めていられる崇高な姿

先日昼の12時を回ったころ、突然妻が昇仙峡行きたい!と言い出した。

ボクには昇仙峡というところが何県でどんなところかわからなかったのでそこ遠いの?って聞いたら山梨県だけど

どうしても今行きたい!っていうから子供を2人引きずっていってきました。

10月の終わりだったので紅葉にはまだ早かったのですが、ちらほらと色づき始めた木々を眺めながら昇仙峡ロープウェイで

弥三郎岳山頂まで

頂上に到着して降りたら目の前に鎮座ましましたのは

よっ! 日本一!

とおもわず声を出したくなるほどの美しさ、、、

日本人の誇りだなって、、、

富士山っていろんな県からみえて、この一瞬だけでもどれだけの人にから見つめられてることか、、、

世界中を魅了するカリスマ性もあらためて感じた素敵な1日でした。

このあと昇仙峡沿いに歩いて

せっかく山梨県まで来たのでほうとうを食べて

渋滞にはまって5時間かかって都内まで帰ってきました。

ココのためにみまもりカメラが欲しいけど、、、

我が家には2歳8カ月のメスのミニチュアダックスがいます。

紹介しま~す!ココちゃんです。

ほら~ かわいいでしょう~

ココはなぜか極端に憶病で、100mくらい遠くでチワワが吠えているだけで小走りに逃げ出しちゃったり

すれちがう犬が、ちょっと積極的にあいさつしようと、、、近づくだけで尻尾をまるめてあとずさり、、、

もっと怖がらずにみんなとなかよくしたらいいのにと思うんですが犬の輪には入りたがらないんですよね。

人見知りもするのですが、パッと見ただけで好きじゃない人には唸るくせに、気にいった人にはすぐお腹見せちゃうっっていう

おもしろい性格なんですが、寂しがりやで、1人で外に向かってクウクウ言ってるからいつも部屋でなにをしてるんだろうって

すごく気になるんですよね~

いっそみまもりカメラを取り付けちゃおうかな~ 

1人でなにしてるか本当に見てみたいですね。

何かを成し遂げる途中って、、、

皆さんは何かに夢中になってやり遂げた経験ってありますか?

ボクが最初にやり遂げたー!って気持ちになったのは、高校受験の時だったんですが、成績は下の中くらいであまり良くなかったのに、中の上くらいの高校を目指しちゃったから、ほんとに頑張って、やっと行きたいところへ入れて、むちゃくちゃ達成感があったのを覚えてるんですよ。

がんばってる最中ってやってもやって不安で、、、       居心地が悪いっていうか、、、

でも苦しんでそこをがんばると成し遂げられるものだなって、、、

まあなにが言いたいかというと、俗にいうコンフォートゾーンを外れて不安だな~ってときが、ほんとにがんばっている証拠なんだな~って。

自分が守りに入っていて安心できる殻に閉じこもって生活してると居心地はいいけど成長しないまま年だけ食っていくから

あえてボクは、居心地の悪いあたらしいことへの挑戦を、50歳をすぎて初めてどんどんやっていこうと決めたんです。

このブログもそうだし、あえて人とコミュニケーションをとらなければいけない場所に自分から行きはじめたりしてます。

まあ自分の人生ですもんね! 自分で楽しまないとね。

幸せと感じるには、、、

もっと精神的な幸せを目指したほうが人として豊かになれる と思われるかもしれませんが、、、,、

ボクは家族で行きたいところや、食べたいものが自由に食べれるだけの最低限のお金があって初めて 幸せって言えると思うんです。

例えば紅葉を見に行って わあ~きれいだね~!って感動して

そういえばこの近くに美味しい蕎麦屋さんがあるから行こうよ!

と家族みんなで盛り上がって行って、食べた後に温泉でも入って

ゆっくりして帰ろうよ! って考えたときにそこには必ずお金が

必要になってきます。

楽しむこととお金は切っても切れないものなのです。

 

思いっきり楽しんでいるときに、脇で親がお金の心配をしていたらどうおもいますか?

あそこにも行きたいね! って盛り上がっているときにかかるお金が行動の基準だったらどうですか?

どうしてもお金は常に楽しむこととセットで考えなければならないものなのです。

ボクはそんなことを痛感するようになってから楽しみながらお金を稼ぐ方法がないかと調べはじめました。

そんなときにある動画で出会ったのがインターネットでお金を稼いでいる方々です。

誰でも始められてリスクが少ないのが衝撃的でした。

そこからいろんな本やネットで方法を勉強し始めたのですが、夜な夜な調べることに没頭して知らないうちに楽しめている自分にハッとしました。

人は目標を持つとこんなにいきいきとしていられるんだ!と自分でも感動するくらい楽しく、前向きになれたのを覚えています。

その後についてはこれから少しづつ書いていきますね!

 

 

 

 

ももクロから学んだこと

ボクは昔から音楽を聴いたり美術館に行って絵を見たりするのがすごく好きなんですよ。

でも変な癖があって、かたちから入るというか、音楽を聴くならこの人知らないと、

とか、この画家の絵をわからないと絵をみる資格ないでしょう~

絵をみる資格ないでしょう~ とか周りにどうおもわれるか、とかばかり気にして

好きでもないのに友達に合わせてみたり

そんなことしてた時期があって楽しめなくなってきた頃に、2012年かな?

ももいろクローバーZ

のバカみたいにまっすぐで

ココロをアツくするあの声とまなざしに衝撃をうけて。

ああ~やっぱり人目を気にせず、心に刺さるものを受け入れよう! と素直に

思えるようになったんですよね~

これからも、ももクロちゃんのことはいろいろ書きます。運命の4人。

笑顔の天下という前代未聞の夢、彼女たちなら、と思わせてくれる!

これからの人生、今のままででいいんですか?

家族に後ろめたい気持ちを持ち続けて人生を生きていきますか?

お金のことなど気にせずに、奥さんやお子さんと旅行や美味しいものを食べ歩いたりしたくはないですか?

迷惑をかけてきた両親に少しでも楽な思いをさせてあげたくはないですか?

そして何よりもパチンコ、パチスロのことを考えまいとがんばる人生って前向きだと思いますか?

 

自分もかつてパチスロ依存症という病気に23年間悩まされていました。

同じ依存症の方ならお分かりだと思いますが、この病気の怖ろしいところは思考がコントロールできなくなり自暴自棄になってしまうところです。

 

依存症の特徴としては思考のコントロールができず借金をしてまでギャンブルで負けを取り返そうとします。

なので、たとえ借金を誰かに肩代わりしてもらいゼロになったとして打ちたい欲求を我慢をしながら生活をしていても、ちょっとした

ストレスやちょっとぐらいなら遊んでもいいかな?という軽い気持ちからまたコントロールが効かなくなり、数年後にはまた借金を

してしまいます。

実際私も親に肩代わりしてもらっては借金をしてしまうといった具合に何度も同じ過ちを繰り返して、自己嫌悪からうつになり

幾度となく自殺を考え、300万の借金を自然死に見せかけて生命保険で償おう、、なんてバカなことを考えていました。

依存症は脳の病

借金を肩代わりしてもらって、よし!心を入れ替えて頑張ろうとたとえ思っても同じ過ちをくりかえしてしまうのは、依存症が脳の病気だからです。

ギャンブルで勝った体験が快感として残ってしまい、くりかえすうちに強い欲求となって当たりが出ると、βエンドルフィンというホッとする物質が分泌されて安堵感を感じます。

そのうちに脳が変形してリスクを好み、自らをコントロールできなくなってしまいます。

一度変形した脳は元に戻らない、基本的には治らない病気と言われています。

あなたが思っている以上に根は深いのが依存症です。たとえ過ちを繰り返さない覚悟で生活をしていても我慢をしている生活は、必ずあなたを借金の道へと戻し、周りの人の信頼を裏切ってしまうでしょう。

そして同じ過ちを繰りかえす自分に最悪の決断を下してしまう日がくるかもしれません。

自分の知らない新しい世界に飛び込んでみる

では、どうすれば悪夢の生活から抜け出せるか?

何をやってもダメだった私が、悪夢からやっと抜け出せたのは、新しい世界に自分から飛び込んでみたことでした。それが自分のへ可能性を感じられたし、精神的にも経済的にも人生はまだやり直せると感じて、本当に成果が表れたときに、救われた思いで夜中にひとりむせび泣きました。

その私が飛び込んだ新しい世界とはネットビジネスの世界でした。

きっかけは知り合いから〝メールを登録すれば1万円もらえるサイトがあるから登録してみたら?俺ももらえたから大丈夫。‘’と言われたことがきっかけでした。

そんなうまい話があるわけないよな、と思いましたがそのサイトに入ってみると登録は無料で、登録特典としてネットビジネスのことを動画で解説してくれるとあったので、1万円は貰えなくても知らない世界だし勉強になるかな?程度に思い、登録をしてみたのですが、結論から言うと1万円も貰えて、ネットビジネスの仕組みや、初心者がアフィリエイトや広告を出してお金を稼ぐ方法まで無料で、しかも数十時間の動画と音声、そして大量の資料で教えてくれていたのでした。

 

がむしゃらになれば、死ぬ気になればなんでもできる!

この動画の中で加藤将太さんはご自身の体験の中から、人生を変えたければ環境を変えよう!とおっしゃっています。

1万円を貰う過程の中で、動画や音声で今まで知ることのなかった起業をする上での考え方や成功者の思考、成功へと導く方法など膨大な情報を無料で提供してくれる事に本当に驚きました。

これからの人生ちょっと考えてみませんか?

初めまして、当ブログの住人たむんです。

毎日電車で通勤して仕事をこなし、仲間と呑んで帰宅する。

これからもずっとつづいてゆく生活を想像するともう先が見えている方もいると思います。

でもこれから先の人生は考えかたひとつで、もっと楽しくなるんじゃないかな?なんて考えながら行動し始めたら、意外と変えようがあるな!と確信し始めたんです。

少しずつそんなボクの思考の変化を伝えて行ければいいな~

と思っています。